飲食バイトでマニュアルを最速で覚えて周りと差をつける方法

飲食バイトでマニュアルを最速で覚える方法

スポンサーリンク

飲食店のバイトはマニュアルがあります。マニュアルがある理由は誰がやったとしても同じようになる為に存在しています。

ですので、膨大な量のマニュアルがあるのですが、

早く覚えて出来るようになりたい!
マニュアルが全然覚えられない…

このような声がしょっちゅう聞こえてきます。

今回はこのような飲食バイトでの悩みを解決し、周りと差をつける方法について解説した記事です。

飲食バイトではマニュアルを覚えるのが早いほど優秀

マニュアルを覚えるのが早いと優秀な理由

飲食バイトの新人の頃はとにかく覚えることに尽きます。

覚えるスピードが早い=出来る仕事が増えるのも早い

普通ですがこのようになります。入ったばかりの頃は出来ることは0ですからね。1つでも早く多く覚えると、出来ることがどんどん増えていきます。

実際に飲食店のバイトの先輩達は、「新人は覚えてくれるのが早いと助かる」という声がダントツで多いです。


「暗記が苦手だから飲食バイトは向いていないなー」と思っている人はちょっと待って下さい。

暗記が苦手な人は暗記の正しいやり方を知らないだけです。この後に紹介するマニュアルの覚え方を実践すると必ずすぐに覚えることが出来ますよ。


飲食バイトのマニュアルを早く覚えるには?

マニュアルの全体像を掴む

まずは覚えなければならないことを整理する為に全体像を掴みます。例えば、今から覚えようとしているのは「キッチンの洗い場の部分なんだな」とか「フロアのオーダーの取り方についてなんだな」ということです。他にもどんな項目があるのかもここで確認だけしておきましょう。

そうすることで全体の何%くらいを覚えようとしているのかがわかります。


ゴールを決めて覚える

どこまで覚えるのか予め決めておいた方が時間配分を調整できます。

ダラダラ覚えようとしてしまうと、時間だけがどんどん過ぎていってしまうので先に覚える箇所の時間配分を決めてしまいましょう。

あくまでも覚えるというのはインプットの段階なので、あまり長い時間使わないようにします。長くても1時間までにしましょう。

MEMO
インプット1に対してアウトプットは2やるイメージでいて下さい。インプットに30分使うならアウトプットに60分という感じです。

何故マニュアルがそう書いてあるのか理由を知る

インプットの時間の中に、マニュアルが何故そう書いているのか考える癖をつけましょう。何故マニュアルがそうなっているのか理由を考えると理解度が増します。

例えば手洗いのマニュアルで蛇口を締める時は手を拭いたペーパーで締めましょうと書いてあったとします。その時の理由として「最初蛇口を開ける時は汚い手で触っていて、洗い終わった綺麗な手でまた蛇口に触ってしまうと汚れてしまうからか」と考えると理解度が増します。


アウトプットできる物を用意する

特にキッチンのマニュアルを覚える時にオススメのやり方ですが、実戦練習できるものを用意します。

紙に食材を書いたものでも大丈夫です。その用意したものを実際の配置通りに並べてみましょう。その為にも実際の食材の配置を写真で撮らせてもらうかメモに書いておきましょう。


実戦練習をしてみる

あとはインプットで覚えたものを実際に体を動かしてやってみます。この時にマニュアルを見てはいけません。わからなくなっても30秒は考えるようにしましょう。

この思い出そうとすることが記憶に定着させることに繋がります。何度も繰り返して自然に出来るくらいまで繰り返します。


学びの4段階

学びの習得には4段階あると言われています。

1.何がわからないのかもわからない

2.知っているけれどできない

3.意識すればできる

4.意識しなくてもいつでもできる

実際働く時は、意識しなくてもできる状態まで持っていくのがベストです。

しかし、練習の時は意識すればできる状態を目指して取り組みましょう。実戦練習で意識しなくてもできるレベルまでしていると中々先に進めなくなるので。


まとめ

いかがだったでしょうか?この記事の通りに飲食バイトのマニュアルを覚えると、周りと差をつけることができます。

重要なポイントはインプットの量とアウトプットの量を間違えないことです。インプット15分ならアウトプットは30分ですね。


とにかく体と脳を動かして覚えること。飲食バイトの新人が覚えるマニュアルなら、1日あれば覚えられます。しっかり覚えて突き抜けた存在になりましょう!


飲食バイトはきつい?元飲食店店長が忙しい店の特徴を解説!飲食店でのバイトはきつい?元飲食店店長が忙しい店の特徴を解説! ランキング参加してます。よろしければポチリお願いします! にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です