サイゼリヤココロナ助成金制度不使用:店長の発言の危険性

サイゼリヤ コロナ

こんにちは、teteです。
前職では、飲食店店長をしていました。

コロナが流行して様々な飲食店が経営危機に陥ってしまってますね。
早く終息することを願います。

今回は飲食店店長の発言の影響度について話します。

先日、大手チェーンのサイゼリヤでこんなニュースが話題になりました。

「サイゼリヤコロナ助成金不使用問題」

サイゼリヤコロナ助成金不使用問題とは?

f:id:fulasan:20200405172000j:plain

コロナの影響で学校が臨時休校となり、労働者が子どもの世話で休業しなければならない場合、一定の金額を助成するという制度です。

このような制度を国が整備しているのですが、サイゼリヤはこの制度を利用していないことで問題となっています。

こちらの内容はこちらの方が解説されていますので詳しく知りたい方ははこちらへ

nichijou825.com

店長の発言の影響度

今回はコロナ助成金制度の利用にあたって、サイゼリヤ店長の

「制度を利用すると休む人が増えてシフトが回らなくなる恐れがあるから」

この発言がニュースになってしまっているということです。

本当にコロナ助成金制度を利用すると、人手不足でシフトが回らなくなるかは別として、このような一言がネットで流れてしまう恐れがあるということです。

このサイゼリヤ店長の発言、私からすると非常に危険だなと感じました。

長期的な目線で発言していないからです。

恐らくこの人手不足でシフトが回らなくなるという発言は多くの人からみて、

会社>労働者

という風に捉えられるでしょう。

そうやってその場しのぎで労働者の不満をかかえながら営業しても、この先良いことは絶対ありません。

いつかサイゼリヤで働こうと考えていた人が今回のことで、
「労働者のことを考えてくれない会社ならやめておこう」
と思うかもしれません。

労働者の生活を考えてあげられない会社は、さらに人手不足が深刻化します。

1000店舗以上あるサイゼリヤで1人の店長の発言によって世の中からこのように思われるのです。
大変な世の中でしょうが、言葉はよく考えてから発言しなければなりません。
こういう時だからこそ特にです。

他の企業でも同じような問題が起きています。
その中でも大手企業の発言は、影響度が大きいので今回のようにすぐ世の中に広まります。

最後に

サイゼリヤが本来どういう理由で助成金制度を利用しないかは不明ですが、世間からは良くは思われないでしょう。

1店舗の店長の発言がすぐに世の中に広まる時代です。
会社側にとっても労働者側にとっても良い影響を与える発言を心がけたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です