飲食バイトは慣れるまで3ヶ月ではなく半年かかる理由【ホールとキッチンでの違いも紹介】

飲食バイトは慣れるまで3ヶ月ではなく半年かかる理由【ホールとキッチンでの違いも紹介】

スポンサーリンク

  • 飲食でバイトしてるけど全然慣れない
  • ミスばっかりでバイトが嫌になってきた
  • みんなどれくらいの期間で飲食のバイトに慣れてるの?

ミスばかりしてしまうと、このように感じてしまいますよね?


私も初めて飲食バイトをした時はミスしまくりで、いつになったら慣れるのだろうと考えていました。


慣れるまでの期間は人それぞれかもしれませんが、およそ半年はかかります。

これは仕事内容、職場環境、人間関係すべてを含めた上での期間です。



「飲食バイトは3ヶ月で慣れる!」


という意見もありますが、上記のすべてを含めると本当に3ヶ月で慣れる人はごく一部だけです。


実際に飲食バイトに慣れず、4〜6ヶ月くらいで辞める人の割合もかなり多いです。

ではなぜ飲食バイトは慣れるまでに半年かかるのかについて理由を解説していきます。


飲食バイトに慣れるのは3ヶ月ではなく半年かかる理由

ホールは早ければ3ヶ月だがキッチンは半年かかる


飲食バイトはスピードと暗記力が非常に重要です。

特に大手の飲食店ほどその傾向があります。


そしてその飲食バイトにとって重要なスピードと暗記力は、ホールとキッチンで比べると圧倒的にキッチンに必要な能力です。


なぜかというとキッチンは、

  • 料理名
  • 料理の作り方
  • 略語
  • 食材の配置

など覚える範囲が広い上に、お客様を待たせないように一分一秒でも早く料理を作らなければならないからです。


私が今まで何百人ものアルバイトを見てきた体感だと、キッチンに慣れるのにはホールの倍はかかります。

覚える量が違う為にホールとキッチンで差が生まれてしまうのです。


注意
もしキッチンで初めから週一しか入ってない人なら、一年経っても慣れないことは普通にありえます。早く慣れるためにも最低週2日はシフトに入りたいところです。

新人として扱われなくなってくる4ヶ月目くらいからがきつい


飲食バイトに慣れるには仕事ができるようになるだけではありません。

新人のうちは優しくしてくれる人が多くいたり、常に教えてくれる人がいてくれたりして楽しく安心して働けます。バイト先にもよりますが…


しかしある程度仕事ができるようになって、1つのポジションを任せられるようになると環境は変わってきます。


今までミスをしてもフォローがあったのに、それがなくなって怒られることが増えるのです。

そのタイミングがだいたい4ヶ月目以降になります。

最初はみんな辞めないようにと優しくしてくれるんですよね。


もう大丈夫だろうと思ったら、容赦なく怒ってきたり困っていても放置してきたりと適当になる人が多いのです。


頭で考えなくても体が勝手に動くレベルになるには半年はかかる


物事を習得するには学びの4段階というものがあります。


学びの4段階
1.何がわからないのかもわからない

2.知っているけれどできない

3.意識すればできる

4.意識しなくてもいつでもできる


「3.意識すればできる段階」なら3ヶ月で到達できる人がいます。


しかしピーク中になると慌ててミスを連発したり、頭の中がぐちゃぐちゃになって「いつになったら慣れるのだろう…」と感じてしまいます。


バイトに慣れたと思えるようになるには「4.意識しなくてもいつでもできる」の状態になってからです。


この段階までなると、作業をしながら他のことを考えることができたり同時作業ができたりします。


飲食バイトに慣れるのにかかる時間数の目安とは


仕事内容や人間関係、職場環境でそれぞれ大きく異なりますが、飲食バイトに慣れるまでのだいたいの目安時間はあります。


時間
ホール100-150時間
キッチン150-200時間

これくらいが目安です。


注意
週2以上はシフトに入っている人の目安です。週1だとさらに慣れるまでの時間がかかります。逆に週3や週4だと慣れるまでの時間は短くなります。

キッチンに慣れるのに時間がかかるのは、覚える量が多いことや従業員同士のコミュニケーション量の少なさが原因です。


しかし、メニュー数の多さや周りの従業員の性格によって慣れるまでの時間差はありますので、上記の目安で慣れなくても気にしないようにしましょう。

あくまでも目安ですから。


飲食バイトに慣れるようになるとっておきの方法


どうしても飲食バイトに慣れたい人のためにとっておきの方法を紹介します。それは、


  • 最強の暗記法を身につける
  • 1日の労働時間を短くして入る頻度を増やす
  • 思い切って飲食バイトの掛け持ちをする

以上の3つです。


それぞれ詳しく解説していきます。

最強の暗記法を身につけるとは?


慣れない理由のところでも解説しましたが、慣れない人の理由の一つに体が勝手に動くレベルまで覚えきれていない人がほとんどです。


体が勝手に動くレベルにもっていくにはとにかく完璧に覚えなければなりません。

しかし覚える努力は皆さんしてきたはずです。


それではなぜ体が勝手に動くレベルになっていないかというと、覚え方が間違っているからです。

最強の暗記法を知れば慣れるまでのスピードもグッと縮められます。


飲食店のマニュアルを最速で覚える方法は以下で解説しております。

【超簡単!】飲食バイトのマニュアルを最短で覚えられる暗記のコツ【勉強にも使えます】【超簡単!】飲食バイトのマニュアルを最短で覚えられる暗記のコツ【勉強にも使えます】

1日の労働時間を短くして入る頻度を増やすのはなぜ?


人は間隔を長くあけてしまうと感覚が鈍ったり忘れてしまったりします。


例えば筋トレを毎週日曜日に4時間一気に行うより、毎日30分行う方が効果的であるのと同じようなものです。

これはバイトにも当てはまります。


土日にまとめて一気に働くよりも、時間数を減らしてでも平日と土日に分散して働く方が覚えますし早く仕事に慣れます。


週2で10時間働いている人なら、週3で3時間ずつ働いてみる方が確実にバイトに慣れるのです。

働き方を変えるだけなので非常にオススメです。


思い切って飲食バイトの掛け持ちをする理由とは?


かなり奥の手ですが、同じ飲食で掛け持ちするのも手です。


もう飲食バイトの経験があるので、新しく掛け持ちしたバイト先では新人のうちから活躍することができます。

一方元のバイト先では、掛け持ちバイトの経験を生かすことができます。


具体的にいうと、学校でしか勉強していなかったのに塾に行って学校の成績を上げるようなものです。


注意
掛け持ちバイトをする時の注意点ですが、掛け持ちであることは言わないようにしましょう。言ってしまうと、「新人なのにすごい」とか「いつの間にか成長してるな!」と思われにくくなります。


 

掛け持ちバイトを探すなら祝い金をもらえるマッハバイトで!

 

マッハバイトの会員登録はこちらから!


まとめ


飲食バイトは3ヶ月で慣れるという意見も多いですが、半年かかる人も大勢います。

特にキッチンは半年かかると思っていた方がいいでしょう。


3ヶ月で慣れると思って慣れていないと、自己嫌悪に陥ってしまいますからね。

飲食バイトは慣れると楽しいですから、焦らず自分のペースで働きましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です